戸田総合法律事務所が提供する企業向けネット誹謗中傷対策サービス。専門の弁護士がネット問題全般に対応いたします。

よくあるご質問

一般的なご質問について

海外に運営会社があるサイト(2ちゃんねる・FC2・Twitter・Facebookなど)にも対応可能でしょうか?
基本的には問題ありませんが、国内に運営会社があるサイトを相手にする場合と手続が若干異なります。
海外法人を相手とする裁判は専門的な知識を要する手続のため、十分な実績を有する弁護士への依頼を強くお勧めいたします。

より安い費用や成功報酬制でサービスを提供する会社との違いはありますか?
当事務所の料金基準よりも低額の報酬で依頼を受ける事務所も存在します。
簡易に削除でき、ただ単に削除さえできればよい場合には、そのような低料金の事務所への依頼で十分かもしれません。
当事務所は、国内随一の実績を有しており、常に最新の情報に基づいた最良の解決方法をご提案いたします。サービス品質や安心感も含めてご検討いただければ幸いです。

ネガティブな情報の削除について

どのような書き込みを消すことができますか?

 

貴社の信用を低下させている内容や、虚偽の事実が記載されているときなど、何らかの権利侵害が発生しているときに削除が可能です。また、代表者や従業員のプライバシーを侵害するものなど、個人の権利が侵害されているものについても同様です。
削除の可否についての判断には法的な検討が必要ですので、まずはお問い合わせください。弁護士が検討後ご連絡いたします。

どのぐらいの期間で消えますか?
最短でご依頼いただきました当日に削除できることもあります。国内に運営会社があるサイトであれば通常は2週間~1か月程度で削除に至ることが多いです。
サイトの管理会社ごとで対応方法・期間が異なりますので、まずはご相談ください。
今後の新たな投稿を防止することはできませんか?
残念ながら、新たな投稿を禁止する技術的手法は存在しません。そこで、当事務所では、投稿者の調査・特定と投稿者への損害賠償請求をお勧めしております。
損害賠償請求が十分な抑止力になりますので、新たな投稿を防止する結果となります。
スレッドやブログ全部を消すことはできますか?
原則として削除の対象は当該投稿ごとになります。
もっとも,スレッド全体が権利侵害しているといえる場合には、スレッド全体に対する法的な削除請求権が発生いたします。
また、システム上、スレッドの最初のレスを削除すると、スレッド全体が削除される仕様の掲示板も多いです。

投稿者の調査・特定について

調査開始から投稿者の判明までの期間はどの程度でしょうか?
おおむね6か月弱です。
投稿者の調査・特定のためには、原則として2回の裁判を経る必要があります。
消えてしまった投稿について投稿者を調べることはできますか?
完全に不可能というわけではありませんが、一般的には難しいことが多いです。
投稿者の調査・特定をお考えであれば、削除する前にご相談ください。
会社のネガティブな情報を投稿するのはどのような人が多いですか?
会社に不満を持っている(元)従業員が圧倒的に多いです。
もっとも、会社側に遠因があるケースもありますので、そのようなケースでは、従業員満足度向上のためのコンサルティング業務もご提供させていただきます。
投稿をした相手に対してどの程度の損害賠償請求が可能でしょうか?
企業の場合、裁判では信用低下による抽象的な損害と、投稿者の調査・特定をするために要した弁護士費用等の合計金額で100万円弱が認められるケースが一般的です。
もっとも、具体的な損害が発生している場合などには、より高額の損害賠償を認めたケースもございます。
自社の従業員が投稿していた場合にはいかなる対処が可能でしょうか?
インターネット上への投稿行為のみをとらえて懲戒解雇ということは難しいところです。どの程度の懲戒処分が可能であるかはケースバイケースの判断が必要となります。
なお、投稿行為が判明した従業員が自主退職するケースは多くありますが、その場合でも、退職後にさらにネガティブな情報の投稿がなされることがないよう合意書の取り交わしを行うなど対処が必要です。

お問い合わせ・無料相談のお申し込み